WebMoney利用規約

本規約は、株式会社ウェブマネー(以下「当社」といいます。)が管理運営するWebMoneyの販売及び決済に係るシステム(以下「WebMoneyシステム」といい、第1条に規定します。)の利用条件を定めるものです。WebMoneyシステムを利用される前に、本規約を必ずお読みください。WebMoneyシステムを利用されたことをもって、本規約に同意したものとします。


第1条 定義

本規約において、次の用語はそれぞれ以下の通りの意味を有するものとします。

  1. (1)「WebMoney」とは、当社が発行・管理する電子マネーのことをいいます。「プリペイド番号」とは、「WebMoneyシステム」を利用するために「WebMoney」に付与された16桁の英数字のキー(鍵)のことをいい、WebMoney IDのことを含みます。
  2. (2)「WebMoney販売店」とは、当社から許諾を受けて「WebMoney」の購入やチャージを行うことができる店舗のことをいいます。
  3. (3)「WebMoney加盟店」とは、当社とWebMoney加盟店契約を締結し、「WebMoneyシステム」を決済手段として導入している法人又は個人事業主のことをいいます。
  4. (4)「お客様」とは、「WebMoney販売店」において「WebMoney」を購入・チャージし、又は正当な手段もしくは当社が認める手段により「WebMoney」を取得した方のことをいいます。
  5. (5)「WebMoneyシステム」とは、「WebMoney加盟店」での支払いの際に「お客様」保有の「WebMoney」を使用するにあたり、「プリペイド番号」を直接又は間接的にキーとして当社へ送信し、利用可能残高の範囲内で利用することができるよう構成され、また、「WebMoney販売店」での購入・チャージが所定の手続きにて行うことができるよう構成された、当社が管理運営するシステムのことをいいます。

第2条 本規約の適用範囲

WebMoneyを保有する方は、本規約を遵守しなければならないものとします。


第3条 WebMoneyの提供

  1. WebMoneyの単位は「POINT(ポイント)」とし、「1POINT=1円」の価値を有します。
  2. 当社は、お客様に対し、次の媒体を利用してプリペイド番号を提供します。
    1. ① 厚紙、PET紙、磁気ストライプカード等に印字するカード媒体。
    2. ② 店頭にて印字されるチケット印字用紙、レシート用紙を使ったシート媒体。
    3. ③ Eメールへの記載、Webページでの表示といった電子媒体。
    4. ④ Webサービス、アプリといった直接「プリペイド番号」を表示せず、パソコンや携帯端末等の機器に内部保持して利用させる仮想媒体。
  3. 媒体の利用条件については、本規約、本規約に付随する特約に定める他、媒体本体や媒体で表示されるWebサイト上にて定められるものとし、お客様はこれらに従うものとします。

第4条 WebMoneyの種類及び利用条件

WebMoneyは、プリペイド番号やプリペイド番号の提供のために使用される媒体やサービスの種類毎に利用条件が個別に定められています。利用可能なWebMoney加盟店や、有効期限の有無、利用可能残高の条件、リチャージもしくは残高引継の可否については、当社が個別に定める条件や特約に従うものとします。


第5条 WebMoneyの購入・チャージ・利用

  1. お客様は、WebMoney販売店にてWebMoneyを購入又はチャージすることができます。
  2. WebMoney販売店により、購入又はチャージ可能なWebMoneyの媒体が異なります。販売店毎の購入可能な媒体やチャージ取扱の有無については、当社のWebサイトにて確認できます。
  3. 当社は、前二項に定める手段にて取得された以外のWebMoneyについて、別途当社が定めた場合を除き、一切責任を負わないものとします。
  4. お客様は、利用可能残高の範囲内で、WebMoney加盟店との取引を決済することができます。

第6条 再発行・払戻し

  1. 当社は、理由の如何を問わず、WebMoneyの再発行及び換金をいたしません。また、当社が特に認める場合又は法令等により払戻しが義務付けられている場合を除き、WebMoneyの払戻しは一切いたしません。
  2. 前項にかかわらず、磁気ストライプカードを媒体としたWebMoney(WebMoney Card、旧WebMoneyストアーカード)の破損については、破損の原因がお客様の故意に基づかないことが明らかで、かつ、当該破損した媒体に係るWebMoneyの特定・判別が可能であると当社が判断した場合、所定の手続きを行うことで新しい媒体にてWebMoneyを再発行する場合があります。その場合、破損した媒体のWebMoneyとの交換及び当該WebMoneyの利用停止を条件として、再発行する媒体のWebMoneyに利用可能残高を移行させるものとし、払戻しは一切いたしません。

第7条 利用可能残高

  1. お客様は、保有するWebMoneyの利用可能残高の範囲内でのみWebMoneyシステムを利用することができます。
  2. お客様が保有するWebMoneyの利用可能残高は、当社のWebサイト上もしくはスマートフォン用のアプリケーション上にて確認することができます。また、当社が定める一部の媒体にて提供されるWebMoneyについては、利用可能残高と併せて利用履歴を確認することができますが、履歴表示の有無・内容・件数等は、当社が定めるところによるものとします。
  3. お客様が複数のプリペイド番号を保有している場合には、その利用可能残高は、プリペイド番号毎に個別に算定されます。
  4. 第2項にかかわらず、第9条に定める有効期限を過ぎたWebMoneyの利用可能残高を確認することはできません。

第8条 利用可能残高の引継ぎ

  1. お客様は、保有するWebMoneyのうち当社が定める条件を満たしたWebMoneyに限り、当社が指定する残高引継ページ等で所定の操作を行うことにより、プリペイド番号毎に個別に算定される利用可能残高をひとつにまとめることができます。但し、引継先のWebMoneyの利用可能残高の上限値を超えて残高をまとめることはできないものとします。また、利用可能残高を引継ぐにあたり、お客様から当社が定める引継手数料を頂く場合があります。
  2. 前項に定める利用可能残高の引継の条件は、WebMoneyの種類や媒体に応じ、当社所定のWebサイトや媒体上に表示するものとします。また、これらの条件は、事前告知なく当社が自由に変更できるものとします。
  3. 他のWebMoneyへの利用可能残高の引継ぎを行ったWebMoneyの残高は0(ゼロ)POINTとなり、当該WebMoneyのプリペイド番号は利用できなくなるものとします。

第9条 有効期限

  1. WebMoneyは、提供する媒体やタイプ、サービス毎に有効期限が異なります。それぞれのWebMoneyの有効期限については、各媒体に表示されるものとします。
  2. 有効期限を定めて発行されたWebMoneyは、有効期限経過後は、利用可能残高の有無にかかわらず失効します。また、失効したWebMoneyの利用可能残高の払戻しはいたしません。
  3. 有効期限の異なるWebMoney間での利用可能残高を引き継いだ場合には、残高をまとめた引継先のWebMoneyの有効期限に従うものとし、利用可能残高の引継によりお客様が何らかの不利益を被った場合でも、当社は一切責任を負いません。

第10条 WebMoneyの管理

  1. お客様は、WebMoneyや媒体を、自己の責任により厳重に管理し、プリペイド番号を他人に知られないように十分に注意を払わなければならないものとします。
  2. 当社は、WebMoneyや媒体の盗難、不正利用、紛失等に関しては、一切責任を負いません。

第11条 お客様による取引

  1. お客様とWebMoney加盟店、WebMoney販売店との取引は、お客様の責任と費用負担において行われるものとし、当該取引に関し、当社は一切責任を負いません。
  2. 当社は、WebMoney加盟店又はWebMoney販売店を代理するものではありません。

第12条 反社会的勢力の排除

  1. お客様は、現在次のいずれにも該当しないこと、かつ将来にわたっても該当しないことを当社に対して確約し、表明するものとします。
    1. (1)暴力団員、又は暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者。
    2. (2)暴力団準構成員。
    3. (3)暴力団関係企業の従業員、ならびに関係者。
    4. (4)総会屋等。
    5. (5)社会運動等標ぼうゴロ。
    6. (6)前各号の共生者。
    7. (7)その他前各号に準ずる者。
  2. お客様は、自ら又は第三者を利用して次の各号のいずれかに該当する行為を行わないものとします。
    1. (1)暴力的な要求行為。
    2. (2)法的な責任を超えた不当な要求行為。
    3. (3)取引に関して脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為。
    4. (4)風説を流布し、偽計又は威力を用いて当社の信用を棄損し、又は当社の業務を妨害する行為。
    5. (5)その他前各号に準ずる行為。
  3. 当社は、お客様が本条第1項及び第2項に定める事項に違反した場合、もしくは違反しているおそれがあると当社が判断した場合、お客様に何ら催告をせず直ちにWebMoneyのご利用を停止することができるものとし、当該WebMoneyの利用可能残高は失効するものとします。併せて当社は、これにより当社が被った損失、損害、費用等の賠償をお客様に対し請求できるものとします。

第13条 免責事項

  1. お客様又はお客様が保有するWebMoneyや媒体が以下のいずれかに該当し、又は該当するおそれがある場合、当社は、当社の判断により、お客様によるWebMoneyのご利用をお断りするか、又はWebMoneyのご利用を中断もしくは停止することができるものとします。
    1. (1)不正な手段もしくは当社が推奨しない入手方法にてWebMoneyもしくは媒体を取得し、又は不正な手段により取得されたWebMoneyもしくは媒体であることを知りながら利用した場合。
    2. (2)WebMoney又は媒体が改竄、偽造又は変造されたものである場合。
    3. (3)お客様がリアルマネートレードやマネーロンダリングに該当する行為もしくはこれらに類似する行為を行っていると当社が判断した場合。
    4. (4)お客様が本規約に違反した場合。
    5. (5)警察や裁判所その他の行政機関から要請又は命令があった場合。
    6. (6)上記の他、当社が不適切と判断した場合。
  2. 前項の場合、利用を停止されたWebMoneyの利用可能残高は失効するものとし、当社は、WebMoneyを利用できないことによりお客様に生じた損害及び失効した利用可能残高について、一切責任を負わず、また、お客様に対し何ら補償も行わないものとします。また、お客様が保有するWebMoneyを第三者が利用した場合も同様とします。

第14条 WebMoneyシステムの中止・中断

お客様は、WebMoneyシステムの保守、点検等のため、又は、天災、通信回線の故障その他のやむを得ない事情により、WebMoneyシステムが中止又は中断される場合があることを了承するものとします。当社は、当該中止又は中断により生じたお客様の損害について、一切責任を負わないものとします。


第15条 WebMoneyの終了

当社は、社会情勢の変化、法令の改廃その他当社の都合により、事前に告知のうえ、WebMoney及び媒体の一部もしくは全部の発行又は利用を終了する場合があります。


第16条 損害賠償

  1. 当社の責めに帰すべき事由によりお客様が損害を被った場合、当社の損害賠償責任の範囲は、当該事由が発生した時点においてお客様が保有するWebMoneyの利用可能残高に限られるものとし、間接損害、特別損害及び逸失利益については予見可能性の有無を問わず損害賠償責任を負わないものとします。但し、当社に故意又は重大な過失がある場合はこの限りではありません。
  2. お客様は、本規約に違反したことにより当社、WebMoney加盟店、WebMoney販売店、他のお客様又はそれ以外の第三者に損害を与えたときは、その一切の損害を直ちに賠償するものとします。

第17条 準拠法及び裁判管轄

本規約の準拠法は日本法とし、WebMoneyに関する一切の訴訟については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。


第18条 本規約の変更

  1. 当社は、当社のWebサイトに相当期間を定めて告知することにより、本規約を変更することができるものとします。
  2. 前項の変更は、改訂日に発効するものとし、お客様がWebMoneyシステムを利用した時点で改訂後の規約に同意したものとみなします。また、当該改訂日前に入手したWebMoneyについても改訂後の規約が適用されるものとします。

改訂日:2014年5月14日

WebMoney Card(旧WebMoneyストアーカードを含む)に関する特約

本特約は、WebMoney利用規約(以下「利用規約」といいます。)の特約であり、WebMoney Card(第1条第1項で定めます。)の利用条件を定めるものです。WebMoney Cardを利用される前に、利用規約及び本特約を必ずお読みください。WebMoney Cardを利用し、又はWebMoney Cardにチャージしたことをもって、利用規約及び本特約に同意したものとします。利用規約と異なる条項については本特約を優先することとし、本特約の用語の定義について特に定めのないもの、及び本特約に定めのない事項については、利用規約に従うものとします。


第1条 WebMoney Card

  1. WebMoney Cardとは、磁気ストライプカードを媒体として提供される「WebMoney」のことをいい、旧WebMoneyストアーカードを含みます。
  2. 機能を破損するおそれがあるため、お客様は、磁気ストライプカードを汚損したり折り曲げたり磁気に近付けたりしてはならないものとします。

第2条 有効期限及び利用可能残高

  1. WebMoney Cardへの1回あたりのチャージ上限POINTは2万5千POINT、カード1枚につき保有できる利用可能残高の上限POINTは10万POINTとします。
  2. WebMoney CardにチャージされたWebMoneyの有効期限は、最終利用日(チャージ、決済又は残高引継を行った最終の日)の翌日から2年とします。2年間、チャージ、決済又は残高引継のいずれも行われなかった場合、WebMoney Card及びそのWebMoneyの利用可能残高は失効します。また、当社は、失効した利用可能残高の払戻しはいたしません。
  3. 利用規約に基づき、当社がお客様によるWebMoney Cardの利用を停止した場合、当社は、当該利用停止を行ったWebMoney CardにチャージされたWebMoneyの利用可能残高を停止することができるものとし、当該利用可能残高は失効するものとします。
  4. 第2項及び第3項に基づきお客様に発生した損害及び失効したWebMoneyの利用可能残高について、当社は一切責任を負わず、また、お客様に対し何らの補償も行わないものとします。

第3条 特約の変更

  1. 当社は、当社のWebサイト上に相当期間を定めて告知することにより、本特約を変更することができるものとします。
  2. 前項の変更は、改訂日に発効するものとし、お客様がWebMoney Cardを利用し、又はWebMoney Cardにチャージした時点で改訂後の規約に同意したものとみなします。また、当該改訂日前にWebMoney CardにチャージされたWebMoneyについても改訂後の規約が適用されるものとします。

制定日:2014年5月14日

MasterCard Prepaid付きWebMoney Cardに関する特約

本特約は、当社が発行するWebMoney Card(以下「WMCard」といいます。)のうち、MasterCard Prepaid付きWebMoney Card(以下「MC付きWMCard」といい、第1条で定義します。)の利用条件を定めるものです。MC付きWMCardを申込又は利用される前に、WebMoney利用規約(以下「利用規約」といいます。)、WebMoney Card(旧WebMoneyストアーカードを含む)に関する特約(以下「WMCard特約」といいます。)及び本特約を必ずお読みください。MC付きWMCardの申込、又は申込手続不要の場合はMC付きWMCardの利用又はMC付きWMCardへのチャージをもって、利用規約、WMCard特約及び本特約に同意したものとします。なお、利用規約又はWMCard特約と異なる条項については本特約を優先することとし、本特約の用語の定義について特に定めのないもの、及び本特約に定めのない事項については、利用規約及びWMCard特約に従うものとします。


第1条 定義

本特約において、次の用語はそれぞれ以下の通りの意味を有するものとします。

  1. (1)「MC付きWMCard」とは、「WebMoney加盟店」に加え、「MasterCard加盟店」において決済に利用できるよう「MasterCard番号」が割り当てられた、当社が単独又は提携企業と共同で発行するWMCardのことをいいます。
  2. (2)「MasterCard加盟店」とは、国際ブランド「MasterCard」の加盟店ネットワーク網に属する店舗のことをいいます。
  3. (3)「MasterCard番号」とは、「MasterCard加盟店」での利用の際に必要な数字16桁のキー(鍵)のことをいいます。

第2条 MC付きWMCardの種類

「MC付きWMCard」には、次のとおり、「本人限定カード」と「無記名カード」があります。

  1. (1)本人限定カードは、当社又は提携企業が所定の手続きにより本人確認を行い、そのうえでお客様の氏名を印字して発行され、ご本人に限り利用を許可したMC付きWMCardのことをいいます。
  2. (2)無記名カードは、本人確認を必要とせず、”WEBMONEY USER”と印字して発行されるMC付きWMCardのことをいいます。なお、無記名カードに関しては、当該無記名カードを実際に所持する方をお客様とみなします。

第3条 本人限定カードの入手・利用許可等

  1. お客様が本人限定カードを入手するためには、当社又は提携企業が各々定める所定の方法により本人限定カードの申込み手続きを行う必要があります。なお、未成年の方が申し込む場合は、親権者の同意を得たうえでお申込みください。当社は、未成年の方から申込みがあった場合は、親権者の同意を得たとみなした上で、申込みを受け付けるものとします。
  2. 本人限定カードの申込みにあたり、お客様は、氏名、生年月日、現住所、連絡先その他当社又は提携企業が定めるお客様の必要情報を当社又は提携企業に申告しなければなりません。
  3. 当社又は提携企業は、申告されたお客様情報を基に所定の本人確認を行い、本人確認の完了をもって本人限定カードの利用を許可します。
  4. 本人確認の完了前後によらず、申告内容等に何らかの虚偽が発見された場合、当社又は提携企業は何ら催告をせず直ちに本人限定カードの発行を停止し、又は既に発行済みの場合は本人限定カードの利用許可を取り消しのうえMC付きWMCardのご利用を停止できるものとし、当該MC付きWMCardの利用可能残高は失効するものとします。併せて、これにより当社又は提携企業が被った損失、損害、費用等の賠償をお客様に対し請求できるものとします。この場合、当社及び提携企業は、MC付きWMCardを利用できないことからお客様に生じた損害及び失効した利用可能残高について、一切責任を負わず、また、お客様に対し何ら補償を行わないものとします。

第4条 無記名カードの入手・利用許可等

  1. お客様が無記名カードを入手するには、当社又は提携企業が各々定める所定の方法による無記名カードの申込み手続き、又は無記名カードを取り扱うWebMoney販売店における購入等が必要です。
  2. 無記名カードをMasterCard加盟店にて利用するためには、事前に当社所定の手続きにてアクティベーション(利用認証)をおこなう必要があるものとし、当該アクティベーションをもってMasterCard加盟店での利用が可能になるものとします。
  3. お客様が同時にアクティベーションできる無記名カードは3枚までとし、4枚以上のカードを同時にアクティベーションすることはできません。なお、既にアクティベーションされた無記名カードをディアクティベーション(認証解除)することで、新たな無記名カードをアクティベーションすることができるものとします。この場合、ディアクティベーションされた無記名カードはMasterCard加盟店において利用できなくなるものとします。
  4. 無記名カードは、アクティベーションやディアクティベーションにかかわらず、WebMoney加盟店及びWebMoney販売店にて利用することができます。
  5. 無記名カードに関しては、利用範囲や当社又は提携企業から受けられるサポートの範囲に一部制限(暗証番号の変更ができないことを含むがこれらに限らない)があるものとし、お客様はこれを了承するものとします。
  6. お客様は、無記名カードに限り、MC付きWMCardを第三者に贈与することができます。この場合、次の条件を全て満たさなければならないものとします。
    1. (1)当該第三者が利用規約、WMCard特約及び本特約を遵守すること。
    2. (2)無記名カードのプリペイド番号記載部分のスクラッチ印刷を削る等、プリペイド番号を視認可能な状態にしていないこと。
    3. (3)無記名カード所定の署名欄に署名していないこと。
  7. 前項各号のいずれか一つでも満たされていない場合、お客様は無記名カードを第三者に贈与することはできないものとします。
  8. MC付きWMCardの贈与に関連してお客様もしくは当該第三者に発生した損害や損失、お客様と当該第三者もしくはそれ以外の第三者との間に発生したトラブルや紛争、又は無記名カードの不正利用について、当社は一切責任を負わないものとします。

第5条 個人情報の取扱い

  1. MC付きWMCardの申込等で提供された個人情報の取扱いについては、当社が別途定めるMC付きWMCardの個人情報取扱いに関する同意条項に従います。
  2. お客様が、本人限定カードに関して当社又は提携企業に申告した内容に基づき当社又は提携企業に登録された個人情報の削除を申し出、当社又は提携企業がこれを受け付けた場合、当該お客様の本人限定カードは停止され、その利用可能残高は失効するものとします。当社は、これによりお客様に生じた損害及び失効した利用可能残高について、一切責任を負わず、また、お客様に対し何ら補償を行わないものとします。

第6条 暗証番号

  1. お客様は、MC付きWMCardの申込時に「暗証番号」と呼ばれる数字4桁のキー(鍵)を登録するものとします。
  2. お客様は、暗証番号をお客様以外の第三者に知られないよう自己の責任において厳重に管理するものとし、お客様が暗証番号を第三者に知らせ、又は第三者に知られたことによりお客様に生じた損害は、お客様が負担するものとし、当社が別途定める場合を除き、当社は一切の責任を負わないものとします。
  3. 暗証番号に関するお問い合わせは、暗証番号を登録されたお客様ご本人からのみ受け付けるものとし、お客様以外の第三者からのお問い合わせ、又はお客様ご本人であると明らかに判別できないお問い合わせは一切受け付けません。
  4. MasterCard加盟店におけるMC付きWMCardの利用時に、暗証番号の失念等によりMasterCard加盟店からの暗証番号の提示要求に応じることができなかった場合、もしくは提示した暗証番号と当社にて管理している暗証番号とが合致しなかった場合には、当該MasterCard加盟店での利用はできないものとします。これによりお客様に生じた損害等について、当社は一切責任を負わず、また、お客様に対し何ら補償も行なわないものとします。
  5. 不正な暗証番号が複数回入力された場合、当社は一時的にMC付きWMCardの利用を制限する場合があります。この場合、お客様がMC付きWMCardの利用制限を解除するためには、当社所定の手続きを行う必要があるものとします。

第7条 MasterCard加盟店での利用

  1. お客様は、MC付きWMCardを利用するためには、MC付きWMCardの受領後直ちにMC付きWMCard裏面の所定欄にお客様の氏名と同一の署名を行わなければならないものとします。
  2. お客様は、次の方法をもってMasterCard加盟店にてMC付きWMCardによる決済を行うことができるものとします。
    1. (1)MasterCard加盟店で商品・サービス等の購入時にMC付きWMCardを提示し、伝票等に、カード裏面に予め記載した署名と同一の署名を行う方法。
    2. (2)予め登録してある暗証番号をMasterCard加盟店の機器等に入力する方法。
    3. (3)その他当社又はMasterCard加盟店所定の手続きによる方法。
    なお、当社又はMasterCard加盟店が認めた場合、署名の手続きを省略できる場合があります。
  3. MasterCard加盟店においてご利用いただける支払回数は、「1回払い」のみとします。
  4. 当社は、特定の国又は特定の地域におけるMC付きWMCardの利用について制限することができるものとします。また、当社は、国内外を問わず当社が指定する特定のMasterCard加盟店におけるMC付きWMCardの利用を制限することができ、また、当社又はMasterCard加盟店が指定した特定の商品・サービス等の購入に係るMC付きWMCardの利用を制限することができるものとします。お客様は、これらについてあらかじめ了承するものとし、MC付きWMCardを利用できないことによりお客様に生じた損害等について、当社は一切責任を負わず、また、お客様に対し何ら補償も行なわないものとします。
  5. お客様がMasterCard加盟店にてMC付きWMCardを利用して決済した場合、当該WebMoneyの利用可能残高から、決済に係る金額全てを即時に減算します。ただしMasterCard加盟店での決済にかかる機器等の通信状況その他の事由により、即時に減算できない場合があります。
  6. 日本国外のMasterCard加盟店におけるMC付きWMCardを利用しての決済にあたり、商品・サービス等の代金が外国通貨建ての場合、当社及び国際提携組織が定める方法により日本円に換算した金額に当社所定の海外サービス手数料(4%)を加えた総額で決済されるものとします。

第8条 限度額

当社は、MC付きWMCardに対し、次のような利用に関する限度額を設けています。お客様は、限度額の範囲内でのみ利用いただけます。

  1. (1)本人限定カード
    1. ① カード残高の上限POINT(1枚のMC付きWMCardが保有できる最大利用可能残高)は、10万POINTとします。
    2. ② 1回あたりのチャージ上限POINT(1回の処理で実施できるチャージ可能POINT)は、2万5千POINTです。
    3. ③ 利用時の上限POINTは、利用可能残高の範囲内であれば制限はありません。
  2. (2)無記名カード
    1. ① カード残高の上限POINT(1枚のMC付きWMCardが保有できる最大利用可能残高)は、10万POINTとします。
    2. ② 1回あたりのチャージ上限POINT(1回の処理で実施できるチャージ可能POINT)は、2万5千POINTです。
    3. ③ 利用時の上限POINTは、WebMoney加盟店においては、利用可能残高の範囲内であれば制限はありません。但し、MasterCard加盟店においては、カードにチャージされた利用可能残高にかかわらず、一定期間内において利用できるPOINTに制限が設定されているものとし、同日内での利用限度POINTは最大3万POINTまで、同月内での利用限度POINTは最大5万POINTまでとし、これらの利用限度POINTを超えて利用することはできないものとします。なおこれらの利用限度POINTには、WebMoney加盟店における利用POINTは含まれないものとします。

第9条 超過利用時の措置

  1. お客様は、MC付きWMCardでの決済時に、利用可能残高を超えてMasterCard加盟店において決済できる場合があるものとします。この場合、お客様は、当社がMasterCard加盟店に対し超過利用分の立替払いをすること、及び当社がお客様に対して超過利用分の支払いを請求することをあらかじめ承諾するものとします。
  2. お客様は、当社が当該超過利用分の請求をした際には、当社が指定する方法、期日等に従ってすみやかに当該超過利用分の請求金額を支払うものとします。
  3. 当社は、前項に基づく超過利用分の請求に替えて、お客様が当該MC付きWMCardにチャージを行なった際に、何ら催告することなく、チャージされたWebMoneyを当該超過利用分に充当することができるものとし、お客様はこれを承諾するものとします。
  4. 前三項において、当社がお客様に請求したにもかかわらず期日までに支払いを行わず、又は超過利用時から相当期間内にお客様が超過利用分全額を充当できるチャージを行わなかった場合、当社は、何ら催告なく当該お客様によるMC付きWMCardの利用停止を行い、また、当該お客様のMC付きWMCardの利用資格をはく奪することができるものとします。

第10条 有効期限と更新発行

  1. MC付きWMCardの有効期限は、カード表面に印字された期日までとします。有効期限経過後は、利用可能残高は失効するものとし、当社は、失効した利用可能残高の払い戻しは行わないものとします。
  2. 本人限定カードに限り、当社又は提携企業は、それぞれの判断基準にて定めたお客様に対してのみ、期限を更新するための更新発行をおこなう場合があります。この場合、お客様は当社又は提携企業が指定する方法、期日等に従って手続きを行なうものとします。
  3. 当社は、本人限定カードを利用するお客様に対し、更新発行について何ら確約しないものとし、更新発行の有無、対象者はすべて当社又は提携企業が判断し、決定するとものとします。また、更新発行が実施されない、又は実施できないことにより、当該MC付きWMCardの有効期限が到来し、利用可能残高が失効した場合、当社又は提携企業は一切責任を負わず、また、お客様に対し何ら補償も行なわないものとします。

第11条 カードの管理と紛失・盗難・不正利用時の対応

  1. お客様は、MC付きWMCardを自己の責任において管理するものとし、紛失、盗難及び不正利用に対して適切な防衛対策を常に講じるものとします。
  2. お客様は、MC付きWMCardの紛失、盗難、不正利用され、もしくはそのおそれがある場合、又は暗証番号その他のMC付きWMCardに関する情報が第三者によって取得されたおそれがある場合には、直ちに当社又は提携企業が指定する連絡先まで連絡するものとします。
  3. MC付きWMCard又は暗証番号の紛失、盗難又は不正利用等により第三者に当該MC付きWMCardが利用された場合、その利用金額はすべてお客様の負担とし、当社は一切責任を負わず、またお客様に何ら補償も行なわないものとします。但し、本人限定カードに限り、MasterCard加盟店において利用された場合であって、お客様が次の各号の条件をすべて満たした場合に限り、当社の判断により当該利用金額について補償する場合があるものとします。なお、WebMoney加盟店については本項の適用除外とし、お客様が次の各号の条件をすべて満たした場合であっても、当社はいかなる補償も行わないものとします。
    1. (1)お客様がMC付きWMCardの紛失、盗難、及び不正利用に対して適切な防衛対策を講じていた場合。
    2. (2)お客様が、紛失、盗難、又は不正利用が判明し、直ちに当社に通知した場合。
    3. (3)お客様が当社に対し、過去12か月間において2回以上不正利用に関する報告をしていない場合。
    4. (4)お客様によるMC付きWMCardの利用状況が良好な状態である場合。
    5. (5)お客様が利用規約、WMCard特約及び本特約を遵守している場合。
  4. 当社が、MC付きWMCardの紛失、盗難もしくは第三者による不正利用が発生し、又はそのおそれがあると判断した場合、当社はお客様へ何ら催告せず直ちにMC付きWMCardのご利用を中断又は停止できるものします。なお停止されたMC付きWMCardにチャージされたWebMoneyの利用可能残高は失効するものとし、当社はMC付きWMCardを利用できないことによりお客様に生じた損害及び失効したWebMoneyの利用可能残高について、一切責任を負わず、また、お客様に対し何ら補償も行わないものとします。
  5. 当社は、お客様に対し、カードの紛失、盗難及び不正利用に関する状況について書面等による詳細の確認、ならびにお客様の個人情報及び本人確認資料の提出等を要求することがあります。この場合、お客様は、当該要求に誠実に対応し協力するものとします。
  6. 本人限定カードに限り、お客様の責によらず、カード偽造等による不正利用が発生した場合又はそのおそれがある場合には、お客様は当社又は提携企業に申し出をし、当社又は提携企業が認めた場合、所定の手続きを行うことで本人限定カードの再発行を受けることができます。この再発行にあたり、当社は旧カードに利用可能残高がある場合は、新カードに利用可能残高を引継いだうえで引き渡すものとし、旧カードの利用を停止するものとします。
  7. お客様は、当社所定の手続きを行った場合に限り、MC付きWMCardの紛失、盗難及び不正利用の発生時に所定の手続きを行うことでMC付きWMCardの再発行を受けることができる場合があります。この再発行にあたり、当社は旧カードに利用可能残高がある場合は、新カードに利用可能残高を引継いだうえで引き渡すものとし、旧カードの利用を停止するものとします。なお、当社は、本項に定める再発行を確約するものではなく、サービス提供上の理由や当社の都合により再発行を行わない場合があるものとします。

第12条 申告情報の変更

  1. お客様が申込等で申告した情報に変更があった場合、お客様は速やかに当社に対して変更の旨を申し出、当社所定の手続きを行なうものとします。なお、お客様がこの申し出及び手続きを怠ったことにより、電子メール等も含め送付物がお客様に到達しなかった場合は、通常到着すべき時に当該送付物が到着したものとみなします。
  2. お客様が申告した宛先に当社が送付物を送付したにもかかわらず、天災地変、郵便事業者もしくは電気通信事業者の提供する役務の不具合、その他不可抗力等により送付物がお客様に到達しなかった場合、通常到達すべき時に当該送付物が到達したものとみなします。
  3. 前二項の場合において、当該送付物が到達しなかったことによりお客様に生じた損失・損害について、当社は一切責任を負わないものとします。

第13条 禁止事項

  1. お客様は、自ら又は第三者を利用して次の各号のいずれかに該当する行為を行わないものとします。
    1. (1)当社又は提携企業に虚偽の情報を申告すること。
    2. (2)利用規約、WMCard特約又は本特約に違反する行為を行うこと。
    3. (3)MC付きWMCardの複製、偽造、変造、印刷もしくは改ざんを行なうこと、又は第三者がこれらの行為を行なうことに協力すること。
    4. (4)MC付きWMCardが不正に複製、偽造、変造、印刷もしくは改ざんが施されたものであることを知りながら、もしくはその疑いがあるにも関わらず、当該MC付きWMCardを利用すること。
    5. (5)MC付きWMCardに記載されている情報を第三者に開示もしくは公開、又はインターネット上にアップロードすること。
    6. (6)他のお客様になりすますこと。
    7. (7)換金やマネーロンダリングを目的としてMC付きWMCardを利用すること。
    8. (8)第4条第6項に定める場合を除きMC付きWMCardを第三者に譲渡(転売や交換を含みます)もしくは貸与し、又は第三者から譲り受けること、又、質入れ等の担保に供すること。
    9. (9)前各号の他、各種法令への違反、犯罪行為その他公序良俗に反する行為を行うこと。
  2. 当社は、お客様が本条第1項に定める事項に違反した場合、もしくは違反するおそれがあると当社が判断した場合、何ら催告をせず直ちにMC付きWMCardのご利用を停止し、その利用可能残高は失効するものとします。併せて、これにより当社が被った損失、損害、費用等の賠償をお客様に対し請求できるものとします。また、この場合、当社は、お客様のMC付きWMCardをお預かりする場合があるものとします。

第14条 免責事項

  1. MasterCard加盟店でのMC付きWMCard利用の際に用いる各種端末の異常、不具合等による決済不備に起因する問題について、当該問題の発生が当社の故意又は重過失によるものでない限り、当社は一切の責任を負わないものとします。
  2. MC付きWMCardの利用により購入した商品・サービス等に生じた問題について、お客様は自身でMasterCard加盟店又はWebMoney加盟店との間で問題の解決を図るものとし、当該問題について当社は一切の責任を負わないものとします。

第15条 本特約の変更

  1. 当社は、当社のWebサイトに相当期間を定めて告知することにより、本特約を変更することができるものとします。
  2. 前項の変更は、改訂日に発効するものとし、お客様がMC付きWMCardを利用し、又はチャージした時点で改訂後の特約に同意したものとみなします。また、当該改訂日前に取得しているMC付きWMCardについても改訂後の規約が適用されるものとします。

制定日:2014年5月14日

Webarに関する特約

本特約は、WebMoney利用規約(以下「利用規約」といいます。)に対する特約であり、Webar(第1条第1項で定めます)にチャージされたWebMoneyの利用条件を定めるものです。利用規約と異なる条項については本特約を優先することとし、本特約の用語の定義について特に定めのないもの、及び本特約に定めのない事項については、利用規約に従うものとします。


第1条 Webar

  1. 「Webar」とは、プリペイド番号の情報に基づきバーコードを生成し、携帯端末にてWebMoneyによる決済又はチャージを行うことができる、当社が提供するアプリケーションのことをいいます。
  2. Webarを利用するためには、お客様は、自己の携帯端末にWebarをインストールする必要があります。Webarの利用については、お客様は当社が別途定める「『Webar』使用許諾書」(以下「使用許諾書」といいます。)に従うものとします。
  3. 本特約に別段の定めがある場合を除き、WebarにチャージされたWebMoneyに関しては、利用規約及び当社のホームページ上のWebMoney Cardに係る諸条件が適用されるものとします。

第2条 有効期限及び利用可能残高

  1. Webarへの1回あたりのチャージ上限POINTは2万5千POINT(1POINT=1円)、利用可能残高の上限POINTは10万POINT(1POINT=1円)とします。
  2. WebarにチャージされたWebMoneyの有効期限は、最終利用日(チャージ、決済又は利用可能残高の引継ぎを行った最終の日)の翌日から2年とします。2年間ご利用がない場合、WebMoneyは利用可能残高の有無にかかわらず失効します。また、失効した場合、当社は、利用可能残高の払戻しはいたしません。
  3. お客様がWebarをアンインストール又は削除した場合、当該WebarにチャージされたWebMoneyの利用可能残高は失効するものとします。
  4. 使用許諾書に基づき、当社がお客様によるWebarの利用を停止した場合、当社は、当該利用停止を行ったWebarにチャージされたWebMoneyの利用可能残高を停止することができるものとし、当該利用可能残高は失効するものとします。
  5. 第2項乃至第4項に基づきお客様に発生した損害及び失効したWebMoneyの利用可能残高について、当社は一切責任を負わず、また、お客様に対し何らの補償も行わないものとします。

第3条 特約の変更

  1. 当社は、当社のWEBサイト上に相当期間を定めて告知することにより、本特約を変更することができるものとします。
  2. 前項の変更は、改訂日に発効するものとし、お客様がWebarを利用した時点で改訂後の規約に同意したものとみなします。また、当該改訂日前にWebarにチャージしたWebMoneyについても改訂後の規約が適用されるものとします。

改訂日:2014年5月14日